ABOUT US

D-SHiPS32とは

私たちは”障がい者と健常者が時間を共有する場を創ることで、
誰もが夢を持って挑戦する社会を創造する。”を目的に活動しているNPO法人です。

ビジョン

当たり前の事が当たり前に出来る社会を目指す

ミッション –果たすべき使命

  1. 夢を持つための自信を、親子に届ける。
  2. 障がい者と健常者が共有できる時間と場所を作る。
  3. メダリストや世界に通用する人材輩出する。

事業内容

Community

  • ・障がい児を持つ親コミュニティの設立及び支援
  • ・ユニバーサルビレッジ「きっかける103」

Event

  • ・だれでもスポーツ・キャンプ体験会

Education

  • ・地域や学校などでの講演会・ワークショップの開催及び講師等の派遣
  • ・企業等研修プログラムの開発及び委託、講師等の派遣

講師紹介

上原 大祐

アイススレッジホッケー競技にて2006年トリノ、2010年バンクーバーと2大会パラリンピックに出場。2006年トリノパラリンピックでは日本人選手最多のゴールを決め、世界ランキング4位の成績。2010年バンクーバーパラリンピックでは、準決勝のカナダ戦で価千金の決勝ゴールを決め、銀メダル獲得に貢献。2014年IPCが発表した「アイススレッジホッケー競技の歴史におけるトップ10プレイヤーに選ばれる。

現在の活動
  • ・ダブルダッチチーム「TeamAAA(エーエーエー)メンバー 」
  • ・町工場と障害者スポーツの道具開発
    「立ち上がれ日本の勇者たち~Made in Japanを世界へ~」
  • ・学生団体「ワクワク族」設立
  • ・子ども大使プロジェクトの企画・運営
  • ・株式会社Qreator Agent Qreatorとして所属
  • ・株式会社Butai Project キャストとして所属
  • ・ファッションブランド「041(オールフォーワン)」
  • ・世界初バリアフリーマリンリゾート「ゼログラビティー」ブランドアンバサダー
  • ・キッザニア NPO・寄付体験プログラム導入
  • ・伝統文化と子どもを繋ぐ グラコネ教室
  • ・地域再生及びバリアフリーアドバイザー(長野県東御市、静岡県掛川市、石川県中能登町)
  • ・東京都立光明特別支援学校 運営委員
  • ・企業開発アドバイザー(MITSUKOSHI様、丸菱工業株式会社様、その他)
講演内容
  • ・パラリンピック/パラアスリートに関して
  • ・ ダイバーシティーマネジメントに関して
  • ・ 夢や挑戦を持つ大切さに関して

加藤 さくら

親業インストラクター。心理カウンセラー
NPO法人 D-SHiPS32(障害児の親のサポート)。

英会話スクールで営業、クライアントケア、エリアマネジャーを務めた後、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラーを取得。2007年に長女出産、10年に二女出産の後、親業訓練協会認定インストラクターになる。二女・真心ちゃんの福山型筋ジストロフィーという難病と向かいながら明るく前を向いて暮らしている姿は、ドキュメンタリー映画『えがおのローソク』として全国各地で自主上映され、多くの人たちに「えがおは宝物」であることを発信し続けている。

著書『えがおの宝物~進行する病気の娘が教えてくれた“人生で一番大切なこと”~』(光文社)

D-SHiPS32の活動について

年度報告書
年度計画書
定款